デリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンの脱毛

脱毛表参道の体験者

デリケートゾーン(V・I・Oライン)の脱毛をされていらっしゃる方も、多いのではないでしょうか。
一方で、他の部位と比較して格段に躊躇する方も多いですよね。
特に、クリニックで施術を行う場合には、医師がパワーを設定するため、施術個所を診察します。
施術する看護師は女性でも、診察する医師が男性だと抵抗があるのはよくわかります。
もちろん、女性の医師がいるクリニックもありますし、男性の医師も変な興味を持っているような方はおりませんので、ご安心ください。
それより、とてもデリケートな部分なので、適切なパワーで施術してもらうことが、本当の安心につながるのではないでしょうか。

 

Vラインは形に悩まれる方が多いようで、特に初めての場合はどうしたらいいのか全く分からない状態で行かれる方も多いかと思います。
IラインやOラインは、剃ったことがない方も多いでしょうし、見えない部分をどう剃ったらいいのか、ちょっとパニックになるかもしれません。
ただ、クリニック・サロンによっては剃毛料を課している場合がありますので、HPで確認しておくなり、予約の際に担当の方に確認した方がいいと思います。
毛が長い状態で施術を行うと、やけどの原因になりますので、剃る必要があります。
ただし、毛抜きなどで抜いてしまいますと、毛根がなくなってしまい、照射しても反応するものがないために無駄足になってしまいますので、あくまでも剃ってください。
何をするにも抵抗が付いてくる部位ではありますが、一度頑張れればそれ以降はなんとかなります!

 

また、Vラインだけ施術を希望される方も多いようですが、結果的にI・Oラインも施術をお考えのようでしたら、一気にされることをお勧めいたします。
その方が、恥ずかしくなる回数が減りますでしょ。

 

よくニュースなどで介護が話題になりますが、そのためか、割と年配の方でもデリケートゾーンの脱毛をされる方がいらっしゃいます。
いずれ介護をしてくれる方への配慮、もしくは自分が介護される時に恥ずかしいから等、色々あるようです。
アドバイスと言うにはおこがましいですが、レーザーも光も、白い毛には反応しません。
あくまでも黒い毛に反応するので、ご注意ください。

 

最後にもう1点。
デリケートゾーンはアポクリン腺が多く、強い臭いを発しやすい部位です。
施術に行く前にシャワーで綺麗にしたり、それがどうしても難しいようでしたらウォシュレットで洗うなどしてからクリニック・サロンに行かれると良いかもしれません。
最近は公共の施設にあるお手洗いもウォシュレットが付いていますので、到着の直前にでもササッと洗うことができます。
施術するスタッフはもちろん仕事ですし、臭ったから何!ということはありませんが、そういった気遣いができるとお互いに気持ちがいいですよね。

 

脱毛表参道のランキングヘ